アーカイブ

バックナンバー

ブログ「浦安ダイスキ!県議 内田えつしの雑感」


28年2月定例県議会

 

« 27年12月定例県議会 | メイン | 28年6月定例県議会 »

2月定例県議会が、2月17日から3月17日まで開かれ、「28年度一般会計予算ほか各特別会計予算」「平成27年度各会計補正予算」「職員の退職管理に関する条例」「国民健康保険財政安定化基金条例」「知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例の一部改正」など105議案が審議されました。

一般会計当初予算 1兆7,139億円(前年比0.3%増)
28年度当初予算は、「新輝け!元気プラン」の総仕上げの年として、「県内経済の活性化」「農林水産業の振興と社会基盤づくり」「くらしの安全・安心の確立」「子ども・子育て世代への支援の充実」「医療・福祉の充実」「環境・文化施策の推進」に重点的に予算を配分し編成されています。
また、徹底した事務事業の見直しや県税徴収対策の充実・強化などの歳入確保に取り組み、持続可能な財政構造の確立を目指しています。
社会保障費は112億円の増額となっており、投資的経費については、衛生研究所や消防学校の建替え等の増加要素もあるものの、特養ホーム建設の年割額の変更や県立高校耐震化事業の完了などにより178億円の減少となっています。

◎28年度当初予算の主な新規事業 
・保育士人材確保等事業 2487万円
・保健師等による妊婦全戸訪問事業 2000万円
・児童養護施設退所者等に対する自立支援資金貸付事業 2億6100万円
・柏児童相談所一時保護所増設事業 5610万円
・医学部設置支援事業(成田市 国際医療福祉大学)13億円
・介護ロボット導入支援事業 800万円
・鉄道を活用した周遊観光プロモーション事業 6000万円
・幕張メッセ大規模改修事業 7160万円
・中小企業人材採用サポート事業 2000万円
・ひとり親家庭高等職業訓練促進事業 1億8974万円
・森林、林業担い手確保育成対策事業 3575万円
・房総ジビエ活用普及事業 1500万円
・地震被害想定、減災対策広報事業 2432万円
・洪水、高潮浸水想定区域図作成事業 5150万円
・住宅、建築物耐震化サポート事業 1億3200万円
・県内PCB仕様製品及びPCB廃棄物調査 1500万円

パスポート発給事務 浦安市へ移譲を議決
 「知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例の一部改正」が賛成多数で可決され、旅券法及び旅券法施行規則に基づくパスポートの発給に関する14の事務について、7月1日より浦安市に権限移譲されることが正式に決定されました。

県救急医療センター建替えへ
 千葉県で唯一の高度救命救急センター(広範囲熱傷、四肢切断など特に高度な診療機能を提供する医療施設)である県救急医療センター(千葉市美浜区)の老朽化、狭あい化を解消するため、同様の課題を抱えている県精神科医療センターと合わせ、建替えを行う方針が示されました。
28年度には、病床規模の検討などを行い、整備基本計画を策定し、その後具体的な建替えが進んでいきます。

2月定例県議会で審議された主な議案と採決結果
  ( )は内田えつしの表決です。
◎予算関係 ○千葉県一般会計当初予算ほか各特別会計当初予算   可決(賛成)
○千葉県一般会計補正予算ほか各特別会計補正予算   可決(賛成)
◎条例関係 ○職員の退職管理に関する条例   可決(賛成)
※地方公務員法の改正を受け退職者の働きかけ等を規制
○国民健康保険財政安定化基金条例   可決(賛成)
※平成30年度から都道府県が国民保険の財政運営主体となることから、国の交
付金を活用し基金を設置 27年度と28年度で約31億円
○特別会計設置条例の一部改正   可決(賛成)
※船橋オートレース事業の廃止に伴う特別会計公営競技事業の廃止
○知事の権限に属する事務の処理の特例に関する条例の一部改正   可決(賛成)
○使用料及び手数料条例の一部改正  可決(賛成)
※高等学校定時制の授業料について自己負担分を不徴収とする 等 
○学校職員定数条例の一部改正  可決(賛成)
※県立学校の教職員11,586人(81人増)市町村立学校教職員30,168人(7人減) 

 

About

2016年04月11日 09:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「27年12月定例県議会」です。

次の投稿は「28年6月定例県議会」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

 
トップページプロフィール基本理念まちづくり展望議会だより活動実績ブログ